自然災害の多い日本ならウォーターサーバーがおすすめです

日本に住む以上、地震や台風などの自然災害は避けられません。そんな時のために非常用の飲料水を保管していますか。最低でも1日1人当たり2リットルは必要です。それを約1週間分備えるべきとされていますが、ウォーターサーバーなら一石二鳥です。

●水の安全性は保証されています
ウォーターサーバーを提供する業者は多くありますが、いずれにしても水の安全性は保証されています。例えばフレシャスの真空パックであれば、空気と触れにくいので細菌汚染の心配がありません。

それでも気になる人は、逆浸透膜で菌類の侵入を防いでいるRO水がおすすめです。代表的なのはアクアクララです。またアルピナウォーターは天然水をさらにRO処理しているので安全性は二重丸でしょう。

変わり種はハワイの天然地下水をさらにRO処理したハワイアンウォーター。一方業界初!HACCPの認証を受けているのがクリクラです。

●水を保管することができます
ウォーターサーバーの導入をためらう理由として、ボトルが邪魔になる、そんな声も少なくありません。もちろん日本の住環境を考えれば難しい話ではあります。しかし備蓄水の必要性が叫ばれている現状であれば、納得できる保管方法ではないでしょうか。

例えばイワタニの富士の湧水やワンウェイそしてフレールなどは容器が使い捨てになっています。そのため次の回収時まで空のボトルを遊ばせておくことがありません。

ちなみに未開封時の賞味期限という点で比べると、サントリー天然水ウォーターサーバーは1年です。またプレミアムウォーター、クリティアなどは6カ月です。通常は期限前に飲んでしまうでしょうが、安心感は否めません。

●ボトルは定期的に運んでくれます
水を備蓄したいとは思いますが、2リットルのペットボトルをスーパーから買ってくるのは面倒ですし、重くて大変です。とはいえウォーターサーバーであれば、自宅まで運んでくれます。

ほぼすべての業者は全国配送、送料無料です。この点では差がありませんが、おいしい水の宅配便は静岡県限定です。ただし全国向けにはうるのんが担当しています。

●注文してみよう
水の備蓄について悩んでいるならば、ウォーターサーバーを試してみませんか。もちろん気に入らなければ解約すればよいだけの話です。コスモウォーターなら違う銘柄の水を試すこともできます。まずは気軽に注文してみましょう。