ウォーターサーバーは利用しやすくなっている

水も毎日飲むのですから、美味しくのみたいと言うのも当たり前の心理です。さらに最近だと水素水もでたりして、水もいろいろと進化しています。

せっかく水を飲むのですから、まずは美味しく飲めるようにと工夫してみてはどうでしょうか。

ウォーターサーバーの選択肢は増えている

そんな美味しく水を飲む工夫として、挙げられることにウォーターサーバーの利用があります。
わざわざウォーターサーバーとも思うかもしれませんが、今では利用しやすくなっています。

あまり知らないから、面倒くさそうにみえることもあります。

まずウォーターサーバー自体の選択肢が増えました。たとえば、フレシャス、クリクラ、アクアクララ、コスモウォーター等があります。これらもほんの一部でもっとたくさんの種類があります。それだけたくさんのメーカーが出しているので、あなたにあったサーバーが見つかるはずです。

利用しやすいプラン

プランもメーカーによって、いろいろなものがあり利用しやすくなっています。
たとえば、水の量も12リットル、8リットル、7リットルと別れていて、それぞれメリットもあります。家族がいるのであれば12リットルを、一人暮らしや女性ならば7~8リットルを使うといいでしょう。家族構成でもえらべるようになっています。

また交換しやすさを考えるならば7~8リットルを使うと女性や高齢者にも優しいです。

あと注文も定期でノルマもある場合もありますが、こなせないときには、一旦定期配送を中断できるので、安心して利用もできます。
もちろんノルマなしのところもあります。どちらにするかも検討しやすくなっているのもあります。

あとサーバーのメンテナンスもあり、なしと別れています。無くてもいいと言う人にはメンテナンスなしを使うといいです。その場合もオートクリーン機能があって安心です。
またあった方が安心と言う人は、メンテナンスありを選ぶことができます。

安心して利用しよう

このようにプランの内容もいろいろとえらべるようにもなっていて、安心です。
ぜひ利用しやすくなっているので、ウォーターサーバーを使ってみるといいでしょう。

ウォーターサーバーのボトルを土日祝日でも受け取ることができるのか?

ウォーターサーバーを利用するのであれば、ボトルの受取をしないといけないです。一人暮らしや共働きの人はなかなかボトルの受取ができなかったりしますので、土日祝日でも受け取ることができれば何よりもうれしいのではないでしょうか。忙しい人は自分たちの都合に合わせてくれるような業者を選ぶことが大切になります。

土日祝日でも配送してくれるところは多い

ウォーターサーバーのボトルを土日祝日でも受け取れるところと言うのは多くあります。具体的にはクリティアやプレミアムウォーター、コスモウォーター、フレシャスなど多くのところが対応していますので、詳しくは各業者のホームページでご確認ください。ただし、フランチャイズ形式になっている場合は代理店や地域によって配達のシステムが異なりますので、事前に確認することをお勧めします。

再配達も無料で行ってくれる

不在だった場合には再配達をしないといけないわけですが、そういう場合であっても無料で行ってくれます。不在の場合は郵便受けなどに不在票が置いてあると思いますので、電話で連絡をして日時を指定するのが流れです。宅配業者のルートに基づいて配達をしていますので、配達時間や運送状況によってはその日のうちに再配達してくれることもあります。

宅配ボックスに入れてくれる所もある

例え不在だった場合であっても、ウォーターサーバーのボトルを玄関に備え付けている宅配ボックスに置いてくれる業者も中には有ります。ワンウェイ式であればダンボールで梱包されますので、そういうところに入れやすいという側面があります。ボトル式の場合は1本ぐらいなら入るかもしれませんが、複数本になるとなかなか入らないということもあるでしょう。

土日祝日や時間指定で対応してくれる

自宅に不在がちの人はなかなかウォーターサーバーのボトルを受け取ることができないでしょう。そういう時は土日祝日や時間指定ができる業者が何よりもありがたいのではないでしょうか。

ウォーターサーバー選びではランキングサイトを上手に使おう

あなたは普段、水に対して意識していることはありますか。何気なしな水道水を飲んだり、またスーパーやコンビニで水を買ったりしていませんか。
せっかく水を飲むのですから、もっと美味しい水を飲んでみませんか。

それならば、ウォーターサーバーを使おう

美味しい水をのみたいと考えたら、ウォーターサーバーを利用してみるといいでしょう。今だと各メーカーとも、全国各地の天然水を利用者のもとへ届けています。または、RO水と呼ばれるろ過して、さらにミネラルを加えた水を届けています。どちらにしても、味もおいしくなっています。

ランキングで探していこう

そんなウォーターサーバーですが、たくさんの種類が出ていて、どれが紀伊のか簡単には選べません。
フレシャス、コスモウォーター、サントリー天然水ウォーターサーバーなどがあります。この中からどれを選ぶのかもよく考えからにしないと、困ることになるかもしれません。
簡単に契約解除とはいかないからです。

これから選ぼうという人は、ウォーターサーバーのランキングで探していくといいでしょう。
ランキングのサイトもたくさんあり、それらを参考にすると自分にあったサーバーをみつけやすくなります。

ランキングもたとえば、コストパフォーマンスのいいサーバーを使うと、一人暮らし向けのサーバー、赤ちゃんのために使うといいサーバーなど目的別にあったランキングもあったりします。
もちろん、シェア別のランキングや最近の売り上げのランキングなども探していくと見つかるはずです。

こうしたランキングサイトでよく見かけるサーバーはやはり高い評価を得ていて、使った人の満足度も高いなりやくいです。
簡単には契約し直すことはできませんから、はじめて利用する人はなるべく大手や評価の高いもの、ランキングでよく見けるものを使った方が無難です。

ランキングサイトには情報が満載

ランキングサイトの方が、そのサーパーの特徴がわかりやすくのっていたり、また体験談もあるなど、情報が満載です。

また、サーバー同士比較しながら、見ることもできます。ぜひ、ランキングサイトを使って探していきましょう。

ウォーターサーバーにかかる費用も知っておこう

銀行や病院やお店などで見かけるウォーターサーバーを、家庭でも使ってみたいと思ったことありませんか。今だと富士山の天然水などもあったりと、味も期待できます。また、健康にもいい、成分もふくまれていたりして、利用したい人も多いでしょう。

ウォーターサーバーにかかる費用とは

実際に使いたいた思うと気になるのは、その費用です。どのような内容でいくらかかるのでしょうか。

まずは、ウォーターサーバー本体にかかる費用です。利用する場合、購入ではなく、連輝となります。そのため、契約が終わるとメーカーがサーバーを回収するのです。
そのサーバーのレンタル料金がかかるのです。料金としては、月に600円から1500円の範囲内に収まりそうです。

なおメーカーによってはレンタル料金は0円に場合もあります。その場合、代わりに水の費用が高くなっているケースもあります。

次に水の費用があります。水の場合、7リットル、8リットル、12リットルとなっており、それぞれを毎月だったり定期的に注文することになります。
その費用は、3,000円から6,000円くらいの範囲になっているのが一般的となっています。
ノルマが達成できない場合、ペナルティが1,000円などかかることもあります。
一人暮らしの人は、サーバーを選ぶときにはノルマもこなせるか検討してからえらぶように気をつけましょう。

水に関連するところで、配送料金があります。地域によっては配送料が高くなることもあります。
また全国無料もありますが、この場合には配送料が水の費用などに含まれている場合もあります。

あと、サーバーを使うと電気代がかかります。
それぞれで節約モードが設定せれていたり、用意されていたりします。今だと電気代が上がっても500~1,000円くらい上がります。

その他には

これらが一般的にかかる費用です。あとは契約してから1年以内の解約をすると、解約金を支払わないといけません。

ウォーターサーバーにかかる費用はこれくらいです。あとは各メーカーで比較しながら、決めていくといいでしょう。

ウォーターサーバーのコスモウォーターはメリットが多い

ウォーターサーバーを利用したいと思っている人も増えているでしょう。やはり選ぶときには、メリットの多いウォーターサーバーをを選びたいと思うでしょう。
そのメリットを知るには、いろいろなウォーターサーバーを見ていかないといけません。

コスモウォーターは費用がありがたい

まず、大きなメリットとして、費用が水にかかるところだけと言うのがあります。他のウォーターサーバーだと、何かしらいろいろな名目で費用もかかります。下手すると急に年一回のメンテナンス代を請求されるなんてこともあります。

しかし、コスモウォーターならばそんな請求はありません。設置費用もメンテナンス代も配送料金もかからないので、ありがたいです。

お水の選択肢がいろいろある

他のウォーターサーバーの場合には、普通は水は1種類です。それが普通です、コスモウォーターだとなんと、3種類から選べます。それぞれ富士や京都や九州から採水をしており、それぞれで味や飲みやすさも変わりますし、効用も変わってきます。

プランも途中からかえれるので、飽きることなく長い間、飲み続けることができるのもメリットです。
また、飲みやすいのも軟水だからですので、小さなお子さんから飲めますし、また妊婦の女性も安心して飲むこともできます。
誰でも安心して飲めるのもメリットです。

デザインが格好いい

他のメーカーと比べるとコスモウォーターは、見た目にもスタイリッシュなので置くときにも部屋へキッチンの雰囲気を壊すこともありません。
またおしゃれにも見えるので、いいインテリアにもなれます。
見た目がいいのもかなりのメリットといえます。

デザインだけでなく、実はサーバーに設置する水が下の方に取り付けられています。重い水を持ち上げずに交換できるので、女性にも優しい作りにもなっているのです。

たくさんのメリットを

このようにたくさんのメリットをぜひあなたも受けてみませんか。これほど使いやすいサーバーもなかなか他にはありません。

ウォーターサーバーのメンテナンスはどうすればいいのか?

ウォーターサーバーは毎日飲む水を関わってきますので、きちんとメンテナンスをやっていく必要があります。メンテナンスと言うのは業者が行ってくれるものと日頃から自分たちでやっていかなければいけないものの2種類があります。今回はこの2種類のメンテナンスについて解説していきます。

自分たちで行うメンテナンスはどうすればいいのか?

具体的なメンテナンスの方法と言うのは各ウォーターサーバーの説明書に載っていますので、その指示に従ってください。簡潔に言えば、軽く掃除をするということです。ボトルの差込口については菌が繁殖する可能性がありますので、きれいなタオルに適量のアルコールをしみこませたうえで、拭き掃除をしてください。見て目でカビが生えているというのであれば、これは使い方や差し込み方に問題があるか、水漏れが起きているかのどちらかではないでしょうか。

蛇口や受け皿については目で見てわかるところですので、ちょっとでも汚れているなと思ったら、すぐに拭き掃除をするようにしてください。週に1回程度の間隔で実施をするといいでしょう。

業者が行ってくれるメンテナンスとは何か?

年に1回のペースで業者がメンテナンスを行ってくれます。具体的には劣化しやすいパーツや衛生面を左右するパーツについて確認をしたり、サーバーの洗浄滅菌作業を行ったりします。こういう作業については費用が掛かるところとかからないところに分かれてくるでしょう。費用がかかるところは1回で3,000円から5,000円ぐらいです。

中にはコスモウォーターのようにウォーターサーバーの業者のメンテナンスを不要にしているところがあります。特殊なシステムを導入していますので、内部のメンテナンスをしなくても済んでいます。

メンテナンスはきっちりを行う必要がある

ウォーターサーバーを継続的に利用するのであれば、メンテナンスが欠かせません。自分たちで行う時は差込口や蛇口、受け皿などに気をつけてください。業者が行う場合には1年に1回など定期的に行ってくれます。

ハワイアンウォーターで美味しく水を頂こう

水についても関心が高まっています。それも相まって、美味しい水も飲みたいとの願望もつよくなっています。
そこで水も天然水やRO水も注目されるようにもなりました。

さらにちょっと変わった水として、ハワイの水をつかったウォーターサーバーが出てきました。

ハワイアンウォーターは品質も高い

ハワイの天然水をろ過して、RO水として出しているのが、ハワイアンウォーターです。なかなか普段ハワイの水を飲むなんてことはないでしょう。

ハワイもその立地条件から自然も豊富ですし、その自然によって天然水が豊富にもあるとされています。政府により採水できるところを管理されているので、それだけ品質も万全とも言えそうです。そんな天然水からろ過をしているので、さらに品質は保証されています。
これだけ保証されているので、ほかのウォーターサーバーともひけをとるこもはありません。

ノルマがないのが助かる

ウォーターサーバーをつかっているも、どうしても気になるのはそのノルマです。ノルマをこなすのが大変ですし、水がたまって場所をとるなんてこともあります。
それがネックで、ウォーターサーバーの利用を控えるなんて人もいます。

こうしたノルマも各メーカーでも、いろいろと対策を打っていますが、なかなか利用者のさじ加減によるので、対応が十分でないのも事実です。
また費用の面でも、どうしてもノルマを課せないといけないと言う背景もあります。

ところがハワイアンウォーターだと、そうしたノルマがありません。一回の注文で12リットルの水を2本購入できます。
その場合約2,800円で購入することができます。そのあとは、その水がなくなる度に注文することとなりますが、いつまでに何本といったノルマはありません。
これならば一人暮らしの人でも利用しやすいというメリットもあります。

ボトルも回収しない

また水の入ったボトルも回収せずに使い終わったら、ペットボトルと同じで破棄するだけとなります。
これならば、よりスペースをとらなくてもすみます。

こうしてみると、ハワイアンウォーターはメリットの多いウォーターサーバーといえるのです。

ウォーターサーバーのボトルは回収するタイプか捨てられるタイプか?

ウォーターサーバーのボトルについてはリターナブルボトルと呼ばれる使用後にボトルを回収して、それを洗浄した後に再利用が行われるタイプと、ワンウェイボトルと呼ばれる使用後に簡単に潰せる素材を使用して廃棄することができるタイプの2種類に分かれます。皆さんにとってどちらの方がいいのかというのは、ニーズによって異なってきますので、まずは2つのボトルのタイプの特徴について簡単に紹介していきます。

リターナブルボトルは空のボトルを保管する必要がある

リターナブルボトルは1本単位で配送してくれるところは少なく、何本かまとめて配送されますので、ボトル自体を積み重ねたりして保管をすることが可能だというのはいいことです。しかし、使ったボトルを保管する場所が必要になってきます。

リターナブルボトルをセットするウォーターサーバーは水を注ぐとその分空気をボトル内に送り込むことになります。空気を送り込むとは言っても特殊フィルターを使っていますので、結果的にはきれいな空気を送り込んでいます。このタイプを利用している業者と言うのはクリクラやアクアクララ、アルピナウォーターなどがあり、種類的にもRO水が多いです。

ワンウェイボトルは簡単に捨てることができる

ワンウェイボトルは空になると折りたたんで捨てることができたり、簡単に潰せるようになっているということから、容器は柔らかいものが多いために、保管をする時には箱ごと積み重ねるなどが必要になるでしょう。このタイプのウォーターサーバーは水が減るごとにボトル自体が縮んで水を押し出すことができるために、ボトル内に外気が入ることはできにくいです。このタイプを使用している業者はフレシャスやコスモウォーターなどのように天然水が多いです。

ボトルを回収するか捨てられるかが大きな違いになっている

ウォーターサーバーのボトルは回収できるリターナブルボトルと自分たちで捨てることができるワンウェイボトルがあります。自分たちにとってどちらがいいのかを決めたうえで選ぶといいでしょう。

ウォーターサーバー選びでクリクラは外せない

ウォーターサーバーも人気もますます出てきています。そのため、たくさんの情報がネットに溢れるようになりました。
その中でも有名なウォーターサーバーやメーカーがあり、やはりはじめてであればそうしたものや大手を選んだ方が無難といえます。

ウォーターサーバー選びでクリクラは外せない

いろいろなウォーターサーバーがある中でも、さらに探していくと必ず耳にするのがクリクラでしょう。
クリクラは、お客様満足度で1位の経験があるなど、かなり多くのお客さんから愛されているウォーターサーバーといえます。

その理由としてはいろいろな点で無料になっているからです。たとえば、水の配送も無料です。
他のメーカーだと地域差で配送料金がかわったり、また配送料金として他で回収できない費用を含んでいたりもします。
無料があっても、配送料金は高いなんてメーカーもあったりするのです。

配送料金の他にもサーバーレンタル料金も無料だったり、入会金や一定期間経過後の退会でも解約金が発生することはありません(解約ついては利用規約をよく読んで確認してください)。

そして、水は1300円前後なので、まあまあ安い方とも言えるでしょう。
なお毎月定期的に注文のノルマではなく、3ヶ月で6本なので、独り暮らしでなければそれほど、厳しいノルマではありません。

試してみることも可能

いざ、利用して納得いかなくても簡単に止めることができないのも、ウォーターサーバーのでメリットでもあります。しかし、クリクラならば、契約を結ぶ前にまず試してみてから決めることができるのは、ありがたいでしょう。

置く場所もスペースをとらない

サーバーと聞くとおおきいものを想像しませんか。いざ置いてみようとすると、場所をとってしまって大変だと思っていませんか。
しかし、クリクラならば、そのスペースもA4サイズのスペースがあれば、置くことができます。

これならば、キッチンであったり、リビングなど好きな場所や空いているスペースに置くこともできます。
これも使いやすさにもつながるでしょう。

あなたも満足してみよう

ぜひ、クリクラを使って、水に満足する生活をしてみましょう。

ウォーターサーバーをどこに置けばいいのか?

ウォーターサーバーのうるのんで美味しく水をいただこう

ウォーターサーバーの需要はますます高まってきています。これも健康志向の高まりや水に対する安全の高まりが理由といえます。
そして、これからもますます、水への関心も高まってきそうです。
そんなときこそ、ウォーターサーバーを使うといいのです。

うるのんを利用してみよう

さまざまなウォーターサーバーがありますが、ここではうるのんを見ていきましょう。

うるのんは、富士山の天然水を利用した水を配送しています。その利用者数は13万人を越えているとも言われており、その愛好者も全国各地に存在します。やはりサーバーを選ぶための基準である水がしっかりしているからこそ、大勢の人に選ばれているのです。

水も富士山から採水し、さらに不純物を取り除いて、精製しています。天然水なので、バナジウムやミネラルを豊富に含んでおり、健康へも期待できます。
この水の配送も2週間ごと、3週間ごと、4週間後とといろいろなペースから選ぶことができます。それにより、家族のいる方はもちろん、独り暮らしの方でも利用しやすくなっています。

ちなみに独り暮らしだと月に2本、夫婦であれば月に3本、お子さんがいる家庭だと月に4本が目安となっています。オフィスだと人数にもよりますが、10本以内が目安のようです。

サーバーを選べるのもありがたい

また、サーバーもスタンダードタイプからスタイリッシュなタイプと選べます。また、スタンダードでもさらに床おきタイプから卓上タイプと選べるのことも、独り暮らしにもありがたくなっています。

またこのウォーターサーバーも冷水、温水を出すことができるようになっており、小さなお子さんが誤って出さないようにチャイルドロックもついていて、小さなお子さんがいる家庭でも安心して使えます。

うるのんで美味しくいただこう

さらにうるのんでの天然水も、軟水で飲みやすく賞をとるなど、美味しさも安心できます。
ぜひ、あなたもうるのんで、ふじさんのおいしい天然水をいただいてみませんか。

ウォーターサーバーの種類である天然水とRO水の違いはどこにあるのか?

ウォーターサーバーを利用する時には、サーバーの機能に注目をするわけですが、それだけでなく水自体についても気になるのではないでしょうか。主に使われる水として天然水とRO水があります。今回はこれらの水の種類についてどのような特徴があるのかということについて紹介をしていきます。

天然水は自然に近い状態の水である

天然水は地下から採取された水を利用して飲みやすいように加工されたもののことを言います。天然水だからと言って全く加工をしていないというわけではなく、ろ過や加熱殺菌と言ったシンプルな加工によって不純物を取り除いています。

ミネラルウォーターの場合はミネラル分を加えるということは十分にあり得るわけですが、天然水にはそもそもの話ミネラル分が含まれていますので、わざわざ加える必要はありません。天然のミネラルは実は甘味が感じられます。天然水のウォーターサーバーの例としては、フレシャスやコスモウォーター、プレミアムウォーターなどがあります。

RO水は特殊なフィルターで不純物を取り除いた水である

RO水はRO膜と呼ばれる特殊なフィルターでちょっとした不純物であってもしっかりと取り除いた水です。ろ過するだけでは取り除くことができないような不純物をしっかりと取り除くことができ、純水に近い状態にまで作り出してしまいます。

しかし、RO膜の精度の高さによって本来あるべきミネラル分まで除去されてしまうという問題があります。そのため、ミネラル分を後から添加するという処理をする必要が出てきます。ミネラル分の多寡によって味を変えることが可能です。RO水のウォーターサーバーの例としては、アクアクララやハワイアンウォーター、クリクラなどがあります。

自分が気に入ったものを契約すればいい

ウォーターサーバーには天然水やRO水と呼ばれる水の種類があります。前者は自然に近い状態の水で、後者はRO膜によって不純物を取り除いた水です。自分たちのお好みの味を探してみるといいのではないでしょうか。

ウォーターサーバーの安全性について

ウォーターサーバーを利用する際に、安全性を重視する人は多いでしょう。
日本の場合は海外と比べて水道水を飲む事が可能です。
もちろん、カルキ臭いと感じたり、美味しくないと感じるかもしれませんが、飲んでも支障はないわけですから一応安全性の体裁は整っているわけです。
しかし、お金を出してウォーターサーバーを利用するのは水道水よりも、ウォーターサーバーの方が安全だと判断したからですよね。
ではウォーターサーバーの安全性について紹介します。

まず水道水が本当に危険なのか?というと、日本の水道水は世界トップ水準で安全な飲料水だと言えます。
そして水道法で定められている水質基準は、水道水は生涯にわたって継続的に摂取し続けても健康に影響は生じないとされています。
つまり水道水は決して危険な飲料水ではありません。
そして水道水の場合は、水道を捻れば水が出てくるので、水を溜め置きするという事は震災時など特別な時を除けばありませんよね。
そういう意味でも、雑菌が繁殖する事がないため安全だと言えるでしょう。

対して、ウォーターサーバーの安全性は?というと、もちろん水の品質自体は水道水よりも安全です。
そうでなければ、水にお金を出して購入しようという人はいなくなってしまいます。
ただし、気を付けなければいけない事は、口に入る水が本当に安全なのかという点です。
どういう事かというと、水ボトルを設置し、レンタルサーバーの機器を通じた水を飲むわけです。
機器内で雑菌が繁殖していないか?水ボトルで開封した水が、開封後にどんどん品質が劣化し雑菌していないか?
と気を付けないといけない点がいくつかあります。
ウォーターサーバーの機器を衛生面を保つために、塩素消毒してしまえば、その塩素が水に含まれてしまう恐れがあります。
そのため業者は塩素消毒を行いません。そのため雑菌が繁殖しやすいので、夏場などにはしっかりメンテナンスを行う必要があります。

また天然水は天然の水だからこそ安全だと思っている人も多いかもしれません。
ですが、日本の天然水の水源の多くは、ヒ素が自然に含まれています。
ヒ素は発がん性物質なので、飲み続け体内で蓄積させると非常に危険です。
つまり天然水の場合は、どの水源地で採水されていて、どんな成分が天然水に配合されているのか、事前にしっかりと確認しておきましょう。

その他、水質以外にもウォーターサーバーの使用上の安全性も重視する必用があります。
チャイルドロックがついているか、温水の場合、口部分が触れても火傷するリスクはないか、水交換の際に金具で手を傷つけてしまうリスクはないかなど、ウォーターサーバーの構造上の安全性も確認する必要があります。

お金を出して水を購入するわけですから、お金を出して水道水よりも安全性にリスクがあるなんて結果にならないように、しっかり安全性を考慮して選ぶ事が必要です。

ウォーターサーバーによって水も性能も違う

ウォーターサーバーを利用する際に、水の価格で選ぶ人も多いでしょう。
定期購入になるわけですから、家計を圧迫しない料金設定を選ぶ事は必要です。
ですが、水と一言でいっても、その水はウォーターサーバーの業者によって違う水なのです。
ですから、必ずしも水の単位を揃えて比較すれば、料金比較できるものではありません。
水自体の価値を考慮した上で選ばなければいけません。
またサーバーの性能にも違いがあるため、毎日使用し、使用頻度も高いものなので、性能も優れているものを選びたいですよね。

ウォーターサーバーの水の種類は、天然水とRO水、それからRO水ミネラル成分をプラスし調整をしたデザインウォーターの3種類が存在します。
しかし、天然水とは1種類ではありません。
日本にはいくつかの名水と呼ばれる水源があり、どの水源の水なのかによって味も成分も異なります。
最近のウォーターサーバーの業者の中には、水の種類が複数用意されていて、自分の好みの天然水を選べる業者も存在します。
また天然水に含まれるミネラルですが、ミネラルが多い水は硬水と呼ばれ、ミネラルが少ない水は軟水と呼ばれます。
ミネラルは健康にいい成分なので、たくさん配合されている方が健康によさそう。だから硬水の方がいい。
そんなふうに思うかもしれませんが、ヨーロッパの水は硬水が多く、日本の水は軟水が多いところが多くなっています。
そのため日本人にはあまり硬水を飲み慣れていにので、最初は違和感を感じたり、デトックス効果があるため腹痛が生じる可能性があるので注意して下さい。まずは水の種類とその特徴を知り、水を選ぶという意識が重要です。

そしてウォーターサーバーの業者によって、ウォーターサーバーの性能は異なります。
選ぶポイントとしては、サーバーが冷水、温水機能が備わっていていつでも冷たい水や温かいお湯を利用する事が可能です。非常に便利ですが、実は電気代がすごくかかってしまいます。
ですから、省エネ機能が備わったサーバーを選ぶ事をおススメします。
例えば省エネ機能が備わっていない場合は、月額で1000円近くの電気代がかかります。
しかし省エネモードなら300円前後に電気代を抑える事が可能です。

またウォーターサーバーを実際に利用しないと気づけないかもしれませんが、水交換が案外大変です。
確かに10リットルもある水ボトルを上に持ち上げる労力は女性やお年寄りにはキツいものがあるでしょう。
ですがウォーターサーバーの中には、水ボトルの設置が上にある場合と、下にある場合があります。
下にある場合は、水ボトルを持ち上げる必要がないので、水交換の負担はぐっと小さくなります。

また水は直接口にするものですから、ウォーターサーバーの衛生面の性能も気になるのは当然の事です。
衛生面の性能としては、次世代型無菌エアーシステムでは、水ボトルの中の水が減ると容器も凹むことで、水が空気に触れるのを防ぎ、雑菌の繁殖を抑えます。抗菌ランプはもし雑菌が繁殖すればセンサーが雑菌に反応し、ランプで教えてくれます。自分でメンテナンスをしようとしても、なかなか大変ですから、定期的に無料でメンテナンスしてくれるサービスの業者だと安心です。

このように、水の特徴や性能を比較検討した上で、ウォーターサーバーを選べば失敗する可能性はかなり低くなるはずです。

選び方は変わってきます

ウォーターサーバーを利用するという事は、水を定期購入するという事ですから、当然水には拘りますよね。
水ボトル代を1番気にするという人も多いと思いますが、やはり使用目的や使用する人によって選び方は変わってきます。
ではウォーターサーバーの水は何がいいのでしょうか?

ウォーターサーバーの使用目的は、主に飲料水という人が多いと思います。
ですが、誰が飲むのかで選び基準は変わってきます。
例えば妊婦や赤ちゃんがいる家庭であれば、特に身体への影響が大きいため水の安全性に拘って選びましょう。
またペットも家族の一員だからと、ペットの飲み水にもウォーターサーバーを使用する人もいます。
ペットの方が人よりも身体が小さいだけ、水に不純物などが含まれている水を飲み続けると危険です。

使用目的の場合は、飲料水以外にも料理にも使用するという人も多いでしょう。
お水に拘るだけで、料理の美味しさは全然異なります。
お米を炊く場合は軟水の方が美味しく炊けるなど、使用用途によって選ぶ水の硬度は変わってきます。
他にも使用目的で言えば、安全性や利便性、経済性を求めてウォーターサーバーを利用する人もいるでしょう。
ですが、健康や美容に拘る場合は、ミネラル豊富な天然水を選ぶ事をおススメします。

ウォーターサーバーの水の種類は大きく分類すると2つあり、天然水はお水の美味しさに拘る人にオススメです。
そのまま水で飲む場合も、またお酒の水割りの水で飲む場合も、天然水の独特な甘みや深みが、どの水源から採水されたのかによって大きく異なってきます。対してRO水は味はほとんどないので、どの業者のRO水でも大差はありません。
そのためRO水の場合は、純粋に料金で判断していいでしょう。
しかし、味がないのにウォーターサーバーを利用する意味があるの?それなら水道水と大差ないのでは?
そう思う人もいるかもしれません。
ですが、不純物や重金属、細菌などをろ過し、純粋に近い水のため、衛生面や安全性が水道水よりも圧倒的に優れた水だと言えるでしょう。赤ちゃんやペットには実は天然水よりもRO水の方がいいとも言われています。

水を選ぶ基準として、水の種類や天然水の場合は、含まれている成分や味も天然水の採水場所によって異なります。
水の味に感じては名所の天然水の場合はペットボトルでも販売されているので、試しに購入して確かめるといいでしょう。
料金だけで選ばずに、どんな水がいいのか多方面から考慮した上で、使用目的に合うウォーターサーバーを選ぶようにして下さい。

赤ちゃんにとっても安全なのでしょうか?

身体が小さく繊細な赤ちゃんの口に入れるものは、安全性の高いものを選びたいですよね。
では、ウォーターサーバーの水は赤ちゃんにとっても安全なのでしょうか?

ウォーターサーバーの水は、安全性の高い水です。
そのため、水道水を飲ませるよりも、赤ちゃんの身体にとって安全だと言えるでしょう。
ただし、注意点としては、ウォーターサーバーの業者によって、取り扱っている水の種類が異なります。
天然水で硬度が高い場合は、ミネラルやカルシウムを多く含みます。
ミネラルもカルシウムも健康にいい成分ですが、過剰摂取は危険です。
身体の大きい大人にとっては、影響のない量であっても、赤ちゃんには多すぎる可能性があります。
また大人にとっては天然水に含まれるカルシウムは便秘解消の効果がありますが、赤ちゃんにとっては効きすぎて腹痛の症状をもたらす場合があるので、赤ちゃんがいる家庭は硬度は低く、天然水なら軟水の種類を選ぶようにして下さい。

そして赤ちゃんにとって天然水よりも選んで欲しいのは、RO水です。
RO水とは純粋な水に近づけるために、不純物を全てろ過した水の事です。
そのため無味無臭で水としての味わいはありませんが、安全性は非常に高いと言えます。
なので、赤ちゃんが飲む事を考慮した場合には、ウォーターサーバーで1番適した水はRO水だと言えるでしょう。

また安全性とは、水を飲む場合にだけに限定された話ではありません。
例えば、赤ちゃんは自由に動けるようになると、いろんなものを触ったり、舐めたりします。
もし、赤ちゃんが温水の口部分を触ってしまい、お湯が出て来たら、ウォーターサーバーのお湯の温度は90度を超えていますから、ヤケドをする可能性があります。
そのため、赤ちゃんがいる家庭はサーバーを選ぶ際に、チャイルドロックの機能がついたものを選ぶようにして下さい。

そして出産前の妊婦のお母さんは重たいモノを持ちあがてはいけません。
ですから、妊婦の時期からお腹の赤ちゃんに安全な水をと思うのであれば、選ぶサーバーは妊婦のお母さんの負担にならない水ボトルの設置場所が下にあるサーバーを選ぶようにして下さい。

日常生活の中で赤ちゃんが飲む水の安全性、そして赤ちゃんがいる生活空間にあるウォーターサーバーの安全性を考慮して選ぶようにしましょう。
ウォーターサーバーは高いから無理と思っている家庭もあるかもしれません。
ですが、月額3500円前後で、赤ちゃんや家族の健康を守れるのなら、決してウォーターサーバーは高い事はありません。

水の種類とその特徴

ウォーターサーバーの使用用途は飲料水という人が多いでしょう。
その飲料水は、水のまま飲みますか?それとも、お茶やコーヒーで飲みますか?
どちらが水の味を堪能する事ができるのでしょうか?

まず理解しておきたいのが、水の種類とその特徴です。
ウォーターサーバーの水は美味しい、そんなイメージも強いと思います。
確かに、ウォーターサーバーの水が天然水であれば、ミネラル分豊富な天然水の味わいで水自体が美味しく感じられるはずです。
しかし、ウォーターサーバーの水がRO水の場合であれば、RO水は安全性を考慮して、入念にろ過した水ですから、基本は無味無臭で水を味わう事はできません。

ただ、RO水は無味無臭で純粋な水のため、水のまま飲む事に適さないのか?というとそういうわけではありません。
不純物が一切含まれていないという事ですから、安全性が高く、妊婦や赤ちゃんでも安心して飲む事が可能です。
また最近はRO水に、水の味を出すために、ミネラル成分を配合されているケースもあります。
天然水が美味しく感じる要因はミネラルですから、RO水にミネラルを人工的に加える事で水に味付けをするわけです。
そのためウォーターサーバーの水の種類は天然水、RO水、RO水+ミネラルの3種類になるわけです。

そして水が美味しいのなら、その水を使用した料理やお茶、コーヒーも美味しいはずだ。
そんなふうに思うかもしれません。
ただ料理や飲み物にウォーターサーバーを使用する場合は、それぞれの水の特徴について把握してからにして下さい。
例えば天然水はミネラルの量によって、硬水と軟水に分けられます。
日本では軟水が主流で、和食は基本的には軟水の水を使用する事で美味しく仕上がります。
特に白ご飯は軟水の天然水で炊くだけで、ご飯の味が変わってきます。
ですが、軟水がどんな料理も美味しくするのか?と言えばそうではありません。
ヨーロッパでは水は硬水です。そのため料理にも硬水が使用されています。
そのため洋食は基本的に硬水を使用した方が美味しく仕上がります。
パスタや肉料理は硬水と覚えておきましょう。

そして味のついた美味しい天然水の方が飲み物に使用した時にも美味しいだろう。
そう思われるかもしれませんが、実は違います。
お茶やコーヒーに使用する水は、無味無臭のRO水の方が適しています。
なぜなら水に味がついていないため、お茶やコーヒー本来の味が引き立つからです。
天然水だと水の味にコーヒーの味が混じってしまうのです。

せっかく美味しいと思って料理や飲み物にウォーターサーバーの水を使用していたら、実は逆効果だった。
そんな事にならないように、自分のライフスタイルと水の使用用途を考慮して、水を選ぶようにして下さい。

ペットにどんな水を与えていますか?

ペットは家族の一員ですから、少しでも長生きして欲しいですよね。
そしてペットの健康を維持する上で、気を付けたいのはペットに与えている水です。
あなたはペットにどんな水を与えていますか?

まずペットの鼻は人間の何倍も臭いに対して敏感です。
そのため人間であれば、ほとんど気にならない水道のカルキの臭いもペットにとっては非常に刺激に感じるでしょう。
なので、水道水ではなく、天然水のミネラルウォーターを与えているとしたらちょっと待って下さい。
ミネラルウォーターは殺菌している水なので、殺菌している水だけ与えていると抵抗力が弱くなってしまいます。
そしてミネラルウォーターはミネラルが豊富に含まれています。
このミネラルは、ペットによってはあまりいい影響を与えません。

ウォーターサーバーの水も天然ミネラルウォーターなので、ペットにとってはあまり与える事をおススメしません。
ペットの事を可愛がっているつもりでも、正しい知識のもとで可愛がらなければ、いいと思ってしている行為が逆効果になってしまう事があります。
ですが、水道水もダメで、天然水もダメなら、ペットにどんな水を与えればいいの?
そう思ってしまう人もいるでしょう。
ペットに最適なのはRO水です。
ウォーターサーバーの水の種類は天然水とRO水に分類する事ができます。
そしてRO水は無味無臭なので、ペットの敏感な鼻でも問題ありません。
またミネラルなどの成分も含まれていない純粋な水なので、ペットの小さい身体でも安全に飲む事が可能です。

近年ペットは慢性的に水分不足な状態だと知っていますか?
なぜかというと、ドックフードの主流がドライフードだからです。
ドライフードは扱いが楽で飼い主にとっては助かりますが、水不足の状態が長く続けば血行不良や脱水症状になってしまい健康を損ないます。
そのため、ペットの水分不足を予防する方法として、ドライフードを与える時に、水をかけてふやかすといいでしょう。
そしてその時の水も安全性を考慮した、RO水を選ぶようにして下さい。

ペットは自分で水を選ぶ事ができません。
与えられた水を大人しく飲むだけです。
だからこそ、ペットが健康で長生きできるかどうかは、飼い主にかかっていると言えるわけです。
大切な家族の一員のペットだからこそ、ペットの健康にいいウォーターサーバー生活を始めてみませんか?
もちろん、ウォーターサーバーはペットの健康だけでなく、人間の健康もサポートしてくれます。

コストをしっかり把握しよう

ウォーターサーバーは短期間で利用するものではありませんよね。
基本的に利用し続けようと思って申込みをするはずです。
そのため長期利用する事を考えて、一体いくらコストがかかるのか、しっかり把握した上で申し込むようにして下さい。

スーパーでペットボトルの水を購入する場合は、ペットボトルの水の代金以外は料金は発生しません。
しかしウォーターサーバーの場合は、水の料金だけ支払えばいいというわけではありません。
では他にどんな料金が発生するのか?というと、送料、レンタルサーバー代、メンテナンス代です。
加えて、サーバーを設置すると、24時間電気を使用するわけですから、当然電気代もかかります。
電気代はウォーターサーバーの業者に支払うわけではありませんが、サーバーを選ぶ際に省エネに拘ったサーバーとそうではないサーバーとでは電気代がかなり違ってくるので、選ぶ際には比較するべきです。

水代以外にも、こんなにいろいろコストがかかるの?と思った人もいるかもしれません。
ですが、選ぶウォーターサーバーによっては、コストをかなり抑える事も可能です。
そもそも送料に関していえば、ほとんどの業者が無料での配送サービスを行っています。
他にもサーバーレンタル代が無料、メンテナンス代が無料という業者もあります。

なぜか?というと、天然水の料金は値下げする事が難しく、同業他社との差別化を図るにはその他のコストを無料にする事で、申込み件数を増やしたいからです。
業者にしてみれば、多くの人がウォーターサーバーを申込んでくれた方が、利益が多くなります。
特に配送する手間は変わらないわけですから、同じ配送地域にたくさんの利用者がいた方が効率よく利益を出す事が出来ますよね。そのため他社からの契約乗換えの際に解約金を負担してくれる業者まで存在します。

レンタルサーバーの料金は、全国配送可能な業者が現在20社ありますが、そのうち16社は無料で提供しています。
そして優良の業者のレンタルサーバーの料金は、月額で500円〜1050円程度です。
この程度であれば、水代やその他のコストを比較して総額でオトクなところを選ぶといいでしょう。
ついつい1ヶ月にかかる水代でこの業者が高い、この業者が安いと判断してしまいがちです。
しかし、長期間利用するわけですから、かかるコストの総額を見直した上で選ぶようにして下さい。
そして目には見えないコストもあります。
例えばその水がミネラル豊富で飲むと健康にいいのであれば、健康はお金では買えませんから、価値という意味では最優先するべきではないでしょうか?

ウォーターサーバーの料金について

ウォーターサーバーを利用したいと思っても、料金が高すぎると少し躊躇してしまいますよね。
では、ウォーターサーバーの料金について考えていきましょう。

そして料金と言えば、水代以外にも、配送料、レンタルサーバー代、メンテナンス代、電気代などの料金が発生します。
しかし、最近はウォーターサーバーの業者も増え、価格競争で送料やレンタルサーバ代、メンテナンス代などを無料で提供する業者も増えています。無料であれば比較材料にはなりません。
電気代にしても、省エネのサーバーに越した事はありませんが、ただ電気代は家の電気全ての合計の値しか見ない人が大半でしょう。
そうするとサーバーで毎月いくらぐらいの電気代が発生しているのか知らない人も多いのではないでしょうか?
つまり何が言いたいのかというと、料金と言えばウォーターサーバー用の水ボトルの料金のみで比較する人が多いという事です。

まず知っておきたいのは、ウォーターサーバーの水の種類についてです。
大きく分類すると天然水とRO水です。
天然水とは特定水源から採取された地下水を利用した天然の水で、化学的処理は最低限のろ過、過熱殺菌のみしか行わず、天然に近い状態の水の事です、ペットボトルで天然水として販売されてる水を同じだと考えると分かりやすいでしょう。対してRO水とは、特殊なROフィルターを通じて不純物や重金属、細菌を取り除いた水の事です。

当然ながら水の種類が異なれば、水代も変わってきます。
天然水とRO水とでは、RO水の方が価格は安くなります。
また天然水の中でもどこの名水なのかによって価格は異なります。
料金比較をする際に、気を付けないといけない事は、単位を揃えるという事です。
例えば水ボトル1個当たりの料金表示されている場合は、その水ボトルのサイズが12リットルの場合と6.2リットルの場合では当然ながら使用期間が大きく異なるわけですから、1ヶ月で何リットルの水を購入し、月額いくら水代として支払うのか計算してから比較をすると分かりやすいでしょう。

では、ウォーターサーバーの1ヶ月の相場はどれぐらいかというと、天然水で3670円程度、RO水で3500円程度となります。
これを標準と考えて、これより高いウォーターサーバーは割高、これよりやすいウォーターサーバーは割安と判断すればいいでしょう。ですが、スーパーやコンビニでペットボトルの水を購入した場合は、月額だと3670円よりもずっと高くなるはずです。
そのため美味しい水を経済的に飲むためには、ウォーターサーバーを利用する事をおススメします。

ウォーターサーバーの水は腐らないの?

水は腐るというイメージがあまりないかもしれませんが、水も生鮮食品同様に腐りやすいという事を知っておきましょう。
未開封の状態ではすぐに腐る心配はありませんが、開封し、空気に触れてしまうと空気中の雑菌が入る事ですぐに腐ってしまいます。
そんな話を聞くと、じゃあ、ウォーターサーバーの水は腐らないの?と心配になる人もいるかもしれません。

まず結論からいえば、腐らないような環境を整えているとは言え、注意が必要だと言えるでしょう。
ウォーターサーバーの水ボトルは、殺菌し、密閉された状態です。
そのため未開封であれば、3ヶ月〜6ヶ月程度保管していても腐りません。
そして開封し、ウォーターサーバーに設置している場合も、短期間で水が腐るという事はありません。

ただし、悪条件が重なってしまうと、ウォーターサーバーの水が腐ってしまう可能性はゼロではありません。
悪条件とは、ウォーターサーバーの設置場所が、直射日光があたる場所、高温多湿な場所であるケース。
そして開封後にどれぐらいの期間で水を飲み終わるかどうかも重要です。
12リットルの水を1ヶ月近くかけて飲み終わるという状況であれば、開封して1ヶ月間の時間が経過している事になります。
ウォーターサーバーの水が開封後すぐには腐らないと言っても、悪条件が重なりと腐るリスクが高まります。
一人暮らしや、水の使用量が少ない家庭の場合は、水ボトルのサイズを小さいものを選び、開封後半月程度で飲み終われるようにしましょう。

また水ボトルの水は腐らなくても、サーバーの水が出る部分や配管の部分など濡れた状態の部分から、雑菌が繁殖する恐れがあります。
そのため、水ボトルの衛生状態も重要ですが、サーバーの水が触れる部分の衛生状態も重要です。
ただ、サーバーを分解して自分で洗う、殺菌のために塩素系の洗剤を使用するのは危険です。
安全性の高い水を飲むためのウォーターサーバーなのに、本末転倒になってしまいます。

なので、業者のメンテナンスを定期的にしてもらうべきです。
ですが、定期的にメンテナンスをする場合はコストを気にしてしまうかもしれません。
その場合は、メンテナンスを無料で行ってくれる業者も少なくないので、選ぶ条件に加えてみて下さい。

安全なはずの水を飲むために、ウォーターサーバーを使用しているのに、その水が腐っていたなんて事にならないように、悪条件にならないように注意し、メンテナンスを定期的に行いましょう。