ウォーターサーバーのうるのんで美味しく水をいただこう

2017-03-06

ウォーターサーバーの需要はますます高まってきています。これも健康志向の高まりや水に対する安全の高まりが理由といえます。
そして、これからもますます、水への関心も高まってきそうです。
そんなときこそ、ウォーターサーバーを使うといいのです。

うるのんを利用してみよう

さまざまなウォーターサーバーがありますが、ここではうるのんを見ていきましょう。

うるのんは、富士山の天然水を利用した水を配送しています。その利用者数は13万人を越えているとも言われており、その愛好者も全国各地に存在します。やはりサーバーを選ぶための基準である水がしっかりしているからこそ、大勢の人に選ばれているのです。

水も富士山から採水し、さらに不純物を取り除いて、精製しています。天然水なので、バナジウムやミネラルを豊富に含んでおり、健康へも期待できます。
この水の配送も2週間ごと、3週間ごと、4週間後とといろいろなペースから選ぶことができます。それにより、家族のいる方はもちろん、独り暮らしの方でも利用しやすくなっています。

ちなみに独り暮らしだと月に2本、夫婦であれば月に3本、お子さんがいる家庭だと月に4本が目安となっています。オフィスだと人数にもよりますが、10本以内が目安のようです。

サーバーを選べるのもありがたい

また、サーバーもスタンダードタイプからスタイリッシュなタイプと選べます。また、スタンダードでもさらに床おきタイプから卓上タイプと選べるのことも、独り暮らしにもありがたくなっています。

またこのウォーターサーバーも冷水、温水を出すことができるようになっており、小さなお子さんが誤って出さないようにチャイルドロックもついていて、小さなお子さんがいる家庭でも安心して使えます。

うるのんで美味しくいただこう

さらにうるのんでの天然水も、軟水で飲みやすく賞をとるなど、美味しさも安心できます。
ぜひ、あなたもうるのんで、ふじさんのおいしい天然水をいただいてみませんか。

ウォーターサーバーの種類である天然水とRO水の違いはどこにあるのか?

ウォーターサーバーを利用する時には、サーバーの機能に注目をするわけですが、それだけでなく水自体についても気になるのではないでしょうか。主に使われる水として天然水とRO水があります。今回はこれらの水の種類についてどのような特徴があるのかということについて紹介をしていきます。

天然水は自然に近い状態の水である

天然水は地下から採取された水を利用して飲みやすいように加工されたもののことを言います。天然水だからと言って全く加工をしていないというわけではなく、ろ過や加熱殺菌と言ったシンプルな加工によって不純物を取り除いています。

ミネラルウォーターの場合はミネラル分を加えるということは十分にあり得るわけですが、天然水にはそもそもの話ミネラル分が含まれていますので、わざわざ加える必要はありません。天然のミネラルは実は甘味が感じられます。天然水のウォーターサーバーの例としては、フレシャスやコスモウォーター、プレミアムウォーターなどがあります。

RO水は特殊なフィルターで不純物を取り除いた水である

RO水はRO膜と呼ばれる特殊なフィルターでちょっとした不純物であってもしっかりと取り除いた水です。ろ過するだけでは取り除くことができないような不純物をしっかりと取り除くことができ、純水に近い状態にまで作り出してしまいます。

しかし、RO膜の精度の高さによって本来あるべきミネラル分まで除去されてしまうという問題があります。そのため、ミネラル分を後から添加するという処理をする必要が出てきます。ミネラル分の多寡によって味を変えることが可能です。RO水のウォーターサーバーの例としては、アクアクララやハワイアンウォーター、クリクラなどがあります。

自分が気に入ったものを契約すればいい

ウォーターサーバーには天然水やRO水と呼ばれる水の種類があります。前者は自然に近い状態の水で、後者はRO膜によって不純物を取り除いた水です。自分たちのお好みの味を探してみるといいのではないでしょうか。

関連記事

Copyright© 2010 人気のウォーターサーバーの機能性を比較しました All Rights Reserved.