ウォーターサーバーの料金について

2016-06-29

ウォーターサーバーを利用したいと思っても、料金が高すぎると少し躊躇してしまいますよね。
では、ウォーターサーバーの料金について考えていきましょう。

そして料金と言えば、水代以外にも、配送料、レンタルサーバー代、メンテナンス代、電気代などの料金が発生します。
しかし、最近はウォーターサーバーの業者も増え、価格競争で送料やレンタルサーバ代、メンテナンス代などを無料で提供する業者も増えています。無料であれば比較材料にはなりません。
電気代にしても、省エネのサーバーに越した事はありませんが、ただ電気代は家の電気全ての合計の値しか見ない人が大半でしょう。
そうするとサーバーで毎月いくらぐらいの電気代が発生しているのか知らない人も多いのではないでしょうか?
つまり何が言いたいのかというと、料金と言えばウォーターサーバー用の水ボトルの料金のみで比較する人が多いという事です。

まず知っておきたいのは、ウォーターサーバーの水の種類についてです。
大きく分類すると天然水とRO水です。
天然水とは特定水源から採取された地下水を利用した天然の水で、化学的処理は最低限のろ過、過熱殺菌のみしか行わず、天然に近い状態の水の事です、ペットボトルで天然水として販売されてる水を同じだと考えると分かりやすいでしょう。対してRO水とは、特殊なROフィルターを通じて不純物や重金属、細菌を取り除いた水の事です。

当然ながら水の種類が異なれば、水代も変わってきます。
天然水とRO水とでは、RO水の方が価格は安くなります。
また天然水の中でもどこの名水なのかによって価格は異なります。
料金比較をする際に、気を付けないといけない事は、単位を揃えるという事です。
例えば水ボトル1個当たりの料金表示されている場合は、その水ボトルのサイズが12リットルの場合と6.2リットルの場合では当然ながら使用期間が大きく異なるわけですから、1ヶ月で何リットルの水を購入し、月額いくら水代として支払うのか計算してから比較をすると分かりやすいでしょう。

では、ウォーターサーバーの1ヶ月の相場はどれぐらいかというと、天然水で3670円程度、RO水で3500円程度となります。
これを標準と考えて、これより高いウォーターサーバーは割高、これよりやすいウォーターサーバーは割安と判断すればいいでしょう。ですが、スーパーやコンビニでペットボトルの水を購入した場合は、月額だと3670円よりもずっと高くなるはずです。
そのため美味しい水を経済的に飲むためには、ウォーターサーバーを利用する事をおススメします。

関連記事

Copyright© 2010 人気のウォーターサーバーの機能性を比較しました All Rights Reserved.