電気代のコストは意外と分かりずらい

ウォーターサーバーのコストと言えば、水ボトルの代金と電気代が気になるところです。
もちろん、他にも送料やメンテナンス料金、サーバーレンタル代金などのコストがありますが、最近では送料、メンテナンス料金、サーバーレンタル代金に関しては無料でサービスを提供しているところが増えています。
ですから、コストと言えば水ボトル代金と電気代だけ意識すればいいわけです。
水ボトルのコストは分かりやすいですが、電気代のコストは意外と分かりずらいと思いませんか?

例えば毎月電気代は7000円前後かかっているという家庭があるとしましょう。
電気代の総額は把握していても、冷蔵庫で〇〇円、クーラーで〇〇円という具合に個別で把握している家庭は少ないですよね。
もちろん調べようと思ったら電気代の詳細を調べる事は可能です。
ですが、そこまでするのは面倒だと思うかもしれません。
ですが節電をするのなら、こまごまと節電に励むよりも、電気代が大きい家電だけ節電に励む方が効果的です。
家電で1番電気を使うのは、夏場のクーラーです。
クーラーを24時間フル稼働していたら、すごい金額の請求書が届いたという経験がある人もいるでしょう。
なので、クーラーは年式の古いクーラーを使用するよりも、省エネのクーラーを買い替えた方が、電気代はよほど抑える事が可能です。

同じく24時間フル稼働しているウォーターサーバーも、電気代はすごくかかる家電だと言えます。
特に冷水と温水の両方を常備している場合は、電気代がかかってしまいます。
ウォーターサーバーの月額の電気代は相場で1000円前後だと言われています。
年間でウォーターサーバーの電気代だけで1万2000円支払っていると考えるとやはり、電気代は高く感じます。

では、ウォーターサーバーの電気代をコストダウンするためには、どうしたらいいのでしょうか?
方法は2つあります。
まず1つ目は省エネのウォーターサーバーを選ぶ事です。
省エネタイプのサーバーと、省エネタイプではないサーバーとでは、電気代が50%off、90%offにもなると言われています。

2つ目は、冷水のみのウォーターサーバーを選ぶ方法です。
最近は冷水、温水の両方のタイプが主流ですが、人によっては温水機能はほとんど使用していない。
そんな家庭も少なくないでしょう。
ほとんど使用していないのであれば、電気代をかけるよりも、温水を利用したければ、電気ケルトを利用する。
もしくはガスで沸騰させればいいのです。
コーヒー一杯のお湯を沸かすのに、大した手間も時間もかかるわけではありません。
そうすれば電気の消費は冷水のみになるので、50%以上の電気代カットにつながるというわけです。

ただ、ウォーターサーバーを利用する事によって、冷蔵庫の電気代が安くなる可能性があります。
なぜかというと、夏場は特に喉が渇いで冷蔵庫を開け閉めする頻度がかなり増えますよね。
そして冷蔵庫は扉を開け閉めする際に、たくさんの冷気が逃げてしまい、その冷気を取り戻すために大量の電気を使います。つまり冷蔵庫の扉の開け閉めが、ウォーターサーバーの冷水を飲む事で少なくなるために、冷気が保たれて電気の使う量が減り、夏場の冷蔵庫の電気代を下げる効果があると言えるでしょう。

あと、節電を心がけている人にやりがちな間違いを紹介します。
例えば電子レンジやTVは使用していない状態の時でもコンセントがささっているだけで、電気は少量ですか使われています。そのため節電をする人の間では、使っていない家電はコンセントをこまめに抜く事が鉄則です。
もちろん、だからといって冷蔵庫の電気を夜中はコンセントを抜くという人はいません。
ですが、夜中は冷水も温水も飲まないからと、ウォーターサーバーのコンセントを抜いてしまう人がいます。
ですが、ちょっと待って下さい。
電源を切るという事は、冷水が冷水を、温水が温水の温度をキープ出来なくなるという事です。
寝ている間に温度が常温になり、それが朝になると、冷やされたり、温められたりするとどうなるのか?
というと、水の衛生状態で、雑菌が繁殖しやすくなると言えます。
ですから、夜中は水を飲まないという人であっても、絶対にウォーターサーバーのコンセントを抜いてはいけません。

そのためウォーターサーバーで節電をしようと思ったら、コンセントを抜くのではなく、温度設定がポイントです。
冷水だけど高めに温度設定をする、温水だけど低めに温度設定をする事で、20%前後の節電効果があると言われています。他にも常温という設定ができるウォーターサーバーも存在します。
夏場は冷水の方が美味しく感じるかもしれません。
ですが、冷たいモノばかり飲む事は、夏バテの原因や、お腹を冷やす原因となってしまいます。
なので、常温の水を飲む方がより健康にいいと言えるのではないでしょうか?

利用して初めて電気代の高さに驚いても、すぐに解約をすれば解約金が発生してしまいます。
ですから、利用する前に、必ずレンタルしようとしているウォーターサーバーの電気代がどれぐらいかかりそうなのか調べておきましょう。

ウォーターサーバーののことが理解できたら、次は水素水とはを学んでみるといいと思いますよ!